• ロジゾー

軽貨物で稼げる人・ベテランがやっている8つのテクニックとは?

最終更新: 10月1日



委託の軽貨物ドライバーで、月の売り上げが継続的に50万〜60万円以上いっている人は、実はいろんなテクニックを使っています。「単純に効率が良い」というだけでは、継続的に大きくは稼げません。


では、稼げるドライバーと稼げないドライバーでは何が違うのか。今回は、継続的に稼げているドライバーが行っている8つのテクニックをご紹介します。


1.自分なりの時間割を作っている

2.荷物の積み方の工夫

3.朝早く営業所に行く

4.ほかのドライバーから荷物を回してもらう

5.お客さんの在宅パターンを把握

6.お客さんに顔を覚えてもらう

7.エリアを拡張する

8.いいエリアに変更してもらう


----------------------------------------------

【求人情報】

軽貨物・宅配ドライバー募集中!

佐川急便の委託のお仕事です。

年収600万円可能なエリアあり。

東京・神奈川・埼玉。寮完備。


>> 求人情報を見る

----------------------------------------------


1.自分なりの時間割を作っている


稼げるドライバーがやっていることの1つ目は、「自分なりの時間割を作っている」ということ。1日1日、1時間単位、さらに凄いドライバーになると数十分単位で区切って仕事を行っています。


1人で不特定多数のお客様を相手にする軽貨物ドライバーにとって、予定通りに進まないのが基本中の基本。しかし、そのなかでもいかに「自分の配達ペース」を守れるかがカギになります。


日によっては、最初の配達から不在が続くことも珍しくありません。そんな日でも、慌てず「いつも通り」に配達を行えるドライバーが稼げていると言えるでしょう。



2.荷物の積み方の工夫


稼げるドライバーは「荷台」の使い方も一流です。荷物を車から取り出す方法は何通りあると思いますか? 正解は5通りです。


  • ハッチ

  • 右スライドドア

  • 左スライドドア

  • 助手席

  • 運転席


一番オーソドックスな方法がハッチを開けて取り出すこと。次に左右のスライドドアから取り出す方法。助手席も立派なスペースなので、小物や少し大き目の荷物も積めますね。そして一番盲点なのが「運転席」ではないでしょうか。運転席に荷物を積むことはできませんが、荷物を取り出すことはできますよね?


この場合、ハッチや左右のスライドドアから届かないデッドスペースの荷物を取り出せるのが運転席になります。これが取り出す方法の基本です。


次に荷物の積み方の工夫ですが、これは大きく分けて3パターンあります。


1. 規則正しく積み込むパターン 右→真ん中手前→左→左中→中心→右中→右奥…


2. 一直線ずつ積み込むパターン 右→右中→右奥→真ん中手前→中心→真ん中奥→左…


3.セオリー関係なく積み込むパターン バラバラ、そのドライバーしかわからない…



正直、セオリー関係なくパターンは「そのドライバー特有」の積み方なので、真似しようと思ってもできません。いわゆる「感覚」で配達しているドライバーの積み方です。真似をするなら「規則正しく」か「一直線」を取り入れて配達してみてはいかがでしょうか?


3.朝早く営業所に行く

勤務開始時間よりも早めに行くことは、少しでも早く配達に出発するための準備ができるため有効です。では、早めに行って何を準備するのか、主にこの3つです。


  1. 朝便の確認

  2. 前日持ち戻りの荷物確認・伝票組み

  3. 他コースのドライバーと情報交換、稼働の確認


1. 朝便の確認

当たり前ですが、毎日同じ量の荷物が営業所に運ばれてくるわけではありません。多い日もあれば、少ない日もあります。担当するコースの荷物を確認し、1日の稼働スケジュールをシミュレーションします。このとき既に「積み込む順番」を考えているドライバーもいます。


2. 前日持ち戻りの荷物確認・伝票組み

前日、配達できなかった荷物の確認、それと配達に伺う順番通りに伝票を組みます。持ち戻りの荷物に関しては、荷物から伝票を抜き取ってることが多く、伝票を配達順に並べます。


3. ほかのコースのドライバーと情報交換稼働の確認

荷物量に合わせた稼働スケジュールの確認、午前中どのくらいで配達が終わりそうか、余裕はあるか、手伝ってほしいことはないかなど細かいやり取りをします。


この3つを行うか行わないかで、その日のスケジュールが決まると言っても過言ではないでしょう。


4.ほかのドライバーから荷物を回してもらう

同じ営業所のドライバー仲間との関係づくりが基本。隣のエリアのドライバーから荷物をもらったりできます。どうしても荷物が少なくなってしまう閑散期に、収入をできるだけ落とさないために、ほかのドライバーが配りたがらないエリアで、自分が行けるエリアの荷物を回してもらったりして、収入ダウンのリスクを下げています。


5.お客さんの在宅パターンを把握

稼げるドライバーの一番の強みは「お客さんの在宅パターンを把握」していることです。担当エリアを熟知しているからこそできる配達方法になります。この方法、驚くことに曜日や天気も考慮して配達パターンを変更できるドライバーもいます。


効率良く配達ができるうえに、不在票を書く手間も最大限省くことが可能なこの方法。最終的に、目指すべき配達方法のひとつではないでしょうか。


----------------------------------------------

【求人情報】

軽貨物・宅配ドライバー募集中!

佐川急便の委託のお仕事です。

年収600万円可能なエリアあり。

東京・神奈川・埼玉。寮完備。


>> 求人情報を見る

----------------------------------------------


6.お客さんに顔を覚えてもらう

先述した「お客さんの在宅パターンを把握」するためには、まずはお客さんと親しくなる必要があります。2ヶ月~3ヶ月ほど配達していれば、だいたいエリアの特徴は把握できるかと思います。


そこからがドライバーとしての腕の見せ所です。いかにして「お客さんの懐に入り込むか」がポイントです。おすすめの方法は、特定のお客さんに決めて「要望にできるだけ応える」こと。それができるようになると、徐々に覚えてもらえるようになるでしょう。


また、小さい子どもがいる家庭も顔を覚えてもらいやすいお客さんです。子どもに好かれたら、その時点で覚えてもらったと確信して問題ありません。継続して少しずつ覚えてもらうことで、こちらが意図していないところから派生して覚えてもらえるようになります。稼げるドライバーは、まさに「エリアの顔」と言っても過言ではなく、「ファン」が多いとも言えますね!



7.エリアを拡張する

現在のエリアにプラスしてエリアを拡大してもらう方法です。委託元に交渉の必要ありますが、普段から委託元とのいい人間関係を作れていれば問題はないでしょう。


ただ、ここでお伝えしたいのは、エリアを拡張する場合は段階的に拡張するのが良いということ。おすすめは以下の方法です。


  1. 他エリアの一部分の荷物を引き受ける

  2. 他エリアの時間指定の荷物を引き受ける(エリア全体)

  3. 他エリア全体の荷物を引き受ける(エリアの拡張)


まずは、毎日の積み重ねで「信用貯金」をしてください。先述した「朝早く営業所に行く」のところで紹介した「他コースのドライバーと情報交換、稼働の確認」が大切になってきます。「こいつには任せられる」と思ってもらえるまで時間はかかるかもしれませんが、相手に信用してもらえるようになれば、優先的にお願いされる立場になるでしょう。最終的にはエリアの拡張ができるはずです。


8.いいエリアに変更してもらう


一朝一夕にはできませんが、実績を出していれば、交渉可能です。しかし、委託元にもルールが存在しているため難しい交渉になることは覚悟してください。


勤務態度や仕事の実績、委託先の従業員とのコミュニケーションなど、誰もが納得できる結果を出せていれば、問題なく変更してもらえるでしょう。


稼げるドライバーの特徴8つを紹介してきました。いきなりすべてを実行するのは不可能です。お客さんや委託先の従業員との信頼関係も一朝一夕で作れるものでもありません。まずは、与えられた仕事を完璧に行うことに集中しましょう。次第に仕事も人間関係も「幅が広がる」はずです。ぜひ頑張ってみてください。


----------------------------------------------

【求人情報】

軽貨物・宅配ドライバー募集中!

佐川急便の委託のお仕事です。

年収600万円可能なエリアあり。

東京・神奈川・埼玉。寮完備。


>> 求人情報を見る

----------------------------------------------


191回の閲覧
  • Twitter
  • YouTube

Eメール: info@logizo.co.jp

​電話:050-3136-0371

Copyright © Logizo all rights reserved.