• ロジゾー

軽貨物運送で独立・開業して失敗するパターンとは?

最終更新: 10月1日



軽貨物で独立する人は多いですが、失敗する人も多いのも事実です。ここで言う「失敗」とは、自分が求めている収入が得られないことや働き方ができていないことです。


この記事では、失敗するパターンと対策方法について解説します。軽貨物ドライバーを始めようと考えている方は、参考にしてみてください。


----------------------------------------------

【求人情報】

軽貨物・宅配ドライバー募集中!

佐川急便の委託のお仕事です。

年収600万円可能なエリアあり。

東京・神奈川・埼玉。寮完備。


>> 求人情報を見る

----------------------------------------------


失敗するパターンと対策方法


軽貨物ドライバーで働き始める方法としては、以下の3パターンが多いでしょう。

  1. フランチャイズ

  2. 業務委託

  3. マッチングアプリをベースとしたフリーランス

それぞれの働き方で失敗するパターンを例にあげ、その対応方法について解説していきます。


1. フランチャイズの場合

フランチャイズでよくある失敗は、フランチャイズに加入したが期待するほどの仕事がまわってこず、売り上げが立たないので廃業するというパターンです。

「フランチャイズだから安心」なんてことは絶対にありません。


「本部から十分な仕事がまわってこなかった」

本部から紹介される仕事だけでは売上が足りないということに、経営を始めてから気づき、騙されたと思う人もいます。

軽貨物で必ず一定の仕事量をまわしてもらえる、ということが約束されたフランチャイズ経営というのは存在しないはずです。あまり美味しすぎる話にすぐに食いついてしまうのも考えものでしょう。


また、フランチャイズを検討するときは、企業を徹底的に調べましょう。説明会に参加したり、実際に働いている人に話を聞いたり。ネット情報やSNSでの反応は、情報は取捨選択しながら目を通しておきましょう。疑問点や不安点はできるかぎり契約をする前に解消できるようにしましょう。


少し前に問題になった悪質業者

昔は悪質な業者が問題になりました。求人情報では「1ヶ月40万円稼げる」と記載されていたのに、実際はその半分にも満たない仕事量しかもらえない。逆に、高額な加盟金を払い、市場価格より高い値段で車両を買わされてしまい、ローンが支払えなくなるといった詐欺まがいの業者です。


フランチャイズ といえど本部からの仕事に依存するべきではない

フランチャイズ契約をしていても、本部からもらえる仕事に依存するべきではありません。フランチャイズ 経営をする場合は、自分が経営者であり、経営のリスクは自分が追います。加盟金を支払うことでブランドを使用できるようになる、という最大のメリットをいかして、自分で仕事をとってくる覚悟が必要でしょう。


もしも、営業活動をせずに安定して仕事をまわしてほしいという場合は、会社員として軽貨物をやるか、宅配の委託ドライバーなど、別の形も模索した方がいいでしょう。


----------------------------------------------

【求人情報】

軽貨物・宅配ドライバー募集中!

佐川急便の委託のお仕事です。

年収600万円可能なエリアあり。

東京・神奈川・埼玉。寮完備。


>> 求人情報を見る

----------------------------------------------



2. 宅配の業務委託ドライバー

業務委託で失敗するパターンは以下のようなものがあります。

  • 想像以上にキツイ

  • オーバーワーク、体調を崩す

  • キャッシュフローがうまくいかず廃業

  • 委託元の社員とうまくいかない

  • 受取人からのクレーム、事故などトラブルで心が折れる


想像以上にキツイ

軽貨物の宅配は肉体労働です。荷物が軽いものが多いとはいえ、一日中動く仕事です。生半可な気持ちで始めると、失敗する可能性は高いでしょう。これまで運動をしてこなかった人や、体力に自信がない人がこの業界で働くと決めたなら、ランニングや筋トレをしておいた方がいいでしょう。動ける体を作ることも、この業界で働くためには必須です。仕事を開始する前から、少しずつでも構わないので、トレーニングをしておきましょう。


オーバーワーク、体調を崩す

自分のキャパシティを超えた仕事量をこなし続け、最終的には体調を崩してしまうパターンです。オーバーワークを起こさないためには、まず自分がどれだけの仕事量をこなせるのか基準を作ることが大切です。


こなせる仕事量でなければ、ほかのドライバーに応援を頼みましょう。無理を続けると、体調を崩すだけでなく、配達できなくなって周りに迷惑をかけるなど、最終的にはドライバーとしての信頼を失いかねません。


キャッシュフローがうまくいかず廃業

軽貨物のキャッシュフローは、だいたい30日~60日のサイクルで報酬が入金されます。金銭面で余裕があれば問題ありませんが、ギリギリで開業された方にとっては死活問題ですよね。


そこで、ガソリン代などの経費関係は「クレジットカード」で支払いましょう。クレジットカードであれば、支払いを遅らせることができます。できるだけ現金は使わずに、クレジットカードを使用することで、キャッシュフローの問題は解消されるでしょう。


リンク:軽貨物ドライバーが作るべきクレジットカードとは?


委託元の社員とうまくいかない

「軽貨物ドライバーは会社員のようにわずらわしい人間関係がない」とは言われますが、完全に1人で仕事を行うわけではありません。委託ドライバーの場合、委託元の社員と協力しながら仕事を行うことが通常です。業務委託で失敗するパターンは、委託元の社員とうまくいかないことがあげられます。


大切なことは「チームワーク」です。当たり前ですが、「コミュニケーションを取る」「ホウ・レン・ソウ」などは必ず行いましょう。社員と打ち解けることは、仕事をスムーズに進めるためにとても大切なことなのです。


受取人からのクレーム、事故などトラブルで心が折れる

クレームやトラブルといったことが原因で、精神的にやられてしまうパターンです。受取人からのクレームに関しては、先述した「社員と打ち解ける」こと同様に、担当エリアのお客様とも打ち解ける努力をしましょう。普段からコミュニケーションを取っておくことで、多少のミスは許してくれることが多いでしょう。


また、車を運転する仕事のため、事故にも注意しなければいけません。プライベートで運転するよりも、周囲に細心の注意をしながら運転するように心がけましょう。


3. マッチングアプリの場合

利用者が続々と増えているマッチングアプリですが、マッチングアプリだのみで独立した人からは、下記のような声が聞かれます。

  • 仕事が取れない

  • 誤配などでアカウント停止になった


仕事が取れない

マッチングアプリやアマゾンフレックスの代表的な失敗パターンが「仕事が取れない」です。


とくに軽貨物を始めたばかりの場合、プロフィールもしっかり作り込まれていることも少なく、実績もありません。そのため、荷主から見るとベテランドライバーよりも見劣りがして、なかなか仕事が獲得できないでしょう。


対応策としては、「プロフィール」をしっかりと書きましょう。実績がない分、プロフィールを充実させてアピールすることがおすすめ。積載方法や梱包方法など「どんな形」で「どのように運ぶのか」を細かく記載してあると、荷主にとってはわかりやすいですよね?「ほかのドライバーとの違い」をプロフィールでアピールしましょう。


また、1つだけでなく、複数のマッチングアプリに登録し、アマゾンフレックスもやり、自分で営業もしてルート配送の案件を始めるなど、収入源を複数に分ける必要があります。軽貨物の仕事の隙間時間にできるほかの仕事と組み合わせて売り上げを立てていくのもいですね。


誤配などでアカウント停止になった

アカウント停止になってしまうと、仕事そのものが行えなくなってしまいます。各マッチングアプリの基準がありますが、アカウントが停止になる理由は以下のような項目です。

  • 荷物の誤配

  • 配達時間の遅延

  • 案件のキャンセル

どの基準も当たり前と言えば当たり前ですが、上記を理由にアカウントが停止しています。「誤配」であれば、渡す前に受取人や住所を再確認する。配達は時間に余裕を持って行動する。案件のキャンセルはなるべくしない。「これくらいは大丈夫」という認識では、いつアカウントが停止するかわかりません。


仕事を獲得できたということは、荷主から「信頼」されているということにもなります。その信頼を裏切るような行為は絶対にやめましょう。


----------------------------------------------

【求人情報】

軽貨物・宅配ドライバー募集中!

佐川急便の委託のお仕事です。

年収600万円可能なエリアあり。

東京・神奈川・埼玉。寮完備。


>> 求人情報を見る

----------------------------------------------


失敗を避けるためにできること


せっかく独立したのに、失敗はしたくないですよね? そこで、失敗を避けるためのポイントを解説していきます。

  • 自分の求める条件をはっきりさせる

  • 専属契約する前に徹底的に調べる

  • すぐ諦めない

自分の求める条件をはっきりさせる

軽貨物ドライバーとして働くうえで、「何を求めるのか」をはっきりさせましょう。報酬なのか、休みなのか、やりがいなのか、仕事に求める条件は人それぞれ違います。


譲れる部分や譲れない部分もはっきりさせましょう。条件が曖昧なまま働き始めてしまうと、すべてが中途半端になり失敗する可能性が高くなってしまいます。


契約する前に徹底的に調べる

フランチャイズや業務委託で契約する場合は契約先の情報を徹底的に調べましょう。先述しましたが、現在はインターネットで調べれば、知りたい情報は簡単に知ることができます。

その他の方法としては、企業の説明会に参加したり、実際に働いている人に話を聞くことも参考になるでしょう。企業によっては先輩ドライバーの横に乗り、実際の仕事を体験できるところもあります。


また、契約先のホームページを見ても、表面的な情報しか載っておらず、具体的な情報を知ることはできません。情報はあなたを守る武器になります。妥協することなく、徹底的に調べましょう。


すぐ諦めない

自分なりに調べて、専属契約やフリーランス、フランチャイズ などで独立した結果、稼げない、忙しすぎるなどの理由で「失敗した」「辞めたい」と感じるかもしれません。しかし、失敗したかどうかは、未経験者が開始して1カ月で判断できるものではありません。


そして、軽貨物とひとくちに言っても、さまざまな働き方があります。ハードだが稼げる委託の宅配ドライバー、安定性の面でリスクは大きいけれど自由度が高い働き方を目指せるフリーランス、安定した仕事環境のルート配送のお仕事など。


軽貨物ドライバーのさまざまな働き方を知り、軽貨物の別のお仕事を探す。また、営業スキルや配達スキルなどを身につけて、受注できるお仕事の種類を増やすなど。働く環境を自ら改善していくことで、軽貨物ドライバーとしての成功に確実に近づいていくはずです。


----------------------------------------------

【求人情報】

軽貨物・宅配ドライバー募集中!

佐川急便の委託のお仕事です。

年収600万円可能なエリアあり。

東京・神奈川・埼玉。寮完備。


>> 求人情報を見る

----------------------------------------------



151回の閲覧
  • Twitter
  • YouTube

Eメール: info@logizo.co.jp

​電話:050-3136-0371

Copyright © Logizo all rights reserved.