• ロジゾー

赤帽とは?加入の方法・収入・メリット

最終更新: 10月1日




通称「赤帽」の正式名称は「全国赤帽軽自動車運送協同組合連合会」です。赤帽に加盟している軽貨物運送業者(独立・開業しているドライバー)が集まった組織で、企業ではありません。


赤帽のフランチャイズに加入することで、赤帽のブランドを使用してお仕事ができ、また組合からお仕事の斡旋を受けられます。ここでは、軽貨物のお仕事を始める方向けに、赤帽に加盟するメリットや方法を解説します。


----------------------------------------------

【求人情報】

軽貨物・宅配ドライバー募集中!

佐川急便の委託のお仕事です。

年収600万円可能なエリアあり。

東京・神奈川・埼玉。寮完備。


>> 求人情報を見る

----------------------------------------------


赤帽に加入するメリット

実際に赤帽で仕事をするメリットはさまざまです。

  • 赤帽ブランドをすぐに使える

  • 仕事の紹介を受けられる

  • 同業者とのつながりができる

  • 研修などのサポートが手厚い

  • 仕事量を自分で調整できる

  • 年齢制限なく働ける

  • 組織的なストレスはなし

赤帽ブランドを使えるのが最大のメリット。個人で軽貨物運送業を始めると、実績がなければなかなか新しいお仕事を獲得するのが難しいでしょう。しかし、赤帽ブランドがあるだけで、見込み客から一気に信頼されるはずです。


また、運送の仕事の紹介を受けられます。開業して間も無くは取引先もないので、ありがたい仕組みですね。


さらに、自分のペースで働けるため、ワークライフバランスも充実させることが可能でしょう。これは同じ個人事業主の軽貨物運送業でも、例えば宅配の委託ドライバーをやっていると得られないメリットです。


スポット便・チャーター便のお仕事

赤帽に加盟して紹介される軽貨物運送のお仕事は、主に配達と引越しです。

具体例としては以下のような荷物を運びます。

  • 小物建築資材

  • 新聞

  • フリーペーパー

  • カタログ、雑誌

  • 特定信書便

  • 通信機器

  • 法人顧客の荷物

  • 医薬品

赤帽では、スポット便・チャーター便の案件が集まります。個人事業主である軽貨物運送業者が組織化することで、電話一本で日本全国どこでも対応してくれて、緊急・深夜・早朝・時間指定などでも対応できる便利なサービスを提供できています。


お仕事開始の流れ


赤帽の加入から仕事をはじめるまでの流れをご紹介します。

  1. 組合事業説明会

  2. 組合加入申し込み

  3. 運輸支局申請書類提出

  4. 組合加入手続き

  5. 研修会

  6. 車両契約

  7. 仕事開始

順番に解説します。


1. 組合事業説明会

赤帽で仕事を開始するためには、まずは組合に加入する必要があります。加入するためには、各組合で開催されている事業説明会に出席しなければいけません。説明会では、仕事内容や開業に必要な資金、基礎知識などを説明してもらえます。


2. 組合加入申し込み

ここでは面接を行います。そのときに、履歴書や所定の申込書を提出。面接後、赤帽に加入することが決まった方は、運輸局に提出する貨物軽自動車運送事業申請の書類などの作成指導をしてもらいます。


3. 運輸支局申請書類提出

運輸局に書類を提出します(組合職員が同行してくれます)。許可が下りれば、営業ナンバー(黒ナンバー)が交付されます。


4. 組合加入手続き

赤帽の組合に加入するため、加入手数料などを支払います。


5. 研修会

仕事開始までの期間、仕事の知識などを研修会で学びます。


6. 車両契約

赤帽で仕事をするためには、「赤帽車」と呼ばれる車両が必要になります。燃費や機動力、耐久性に優れており、組合員から好評のSUBARU車です。


7. 仕事開始

車両が納車されたら、いよいよ仕事開始です。


上記の一連の流れが、赤帽と契約・仕事を開始するまでの手順となります。


----------------------------------------------

【求人情報】

軽貨物・宅配ドライバー募集中!

佐川急便の委託のお仕事です。

年収600万円可能なエリアあり。

東京・神奈川・埼玉。寮完備。


>> 求人情報を見る

----------------------------------------------


初期費用

赤帽で開業する場合の初期費用はおよそ以下の通りです。

加入金:275,000円(税込)
書類作成料:55,000円(税込)
出資金:50,000円
車両購入:1,300,000円~1,400,000円(※車両費は赤帽リース制度あり)

初期費用でかかる金額は、合計で約1,800,000円ほどかかります。

仕事が軌道に乗るまでに数ヶ月かかる可能性があります。さらに、報酬が振り込まれるのが数ヶ月あとになるため、その間の生活費としてある程度まとまった金額を貯蓄しておく必要があります。


ランニングコスト

赤帽では、初期費用の他に毎月かかるランニングコストもあります。内容と金額は以下の通りです。

組合賦課金:約15,000円/月(各都道府県ごとに違いあり)
無線使用料:2,000円/月
赤帽連合会費:1,500円/月
共済会費:1,500円/月
斡旋手数料:10%~15%

毎月のランニングコストで固定でかかる金額は2万円ほど。斡旋手数料については、月の稼ぎによってバラバラです。仕事を始めたばかりでは、基本的に組合から仕事を斡旋してもらえるでしょう。しかし、基本的には自分で営業して仕事をとってくる必要があります。


参考:赤帽滋賀県


収入

赤帽に加入して働いた場合の収入は、赤帽滋賀県のウェブサイトでは、売り上げで年商600万円程度の例が紹介されています。実際は本人の頑張り次第になるでしょう。


車の購入

赤帽に加盟する際は基本的に赤帽のロゴが入った車両を新規で購入します。車両はバン、トラックなど複数のタイプから選べます。


また、赤帽組合員所有の中古赤帽車を購入することもできるようです。車両購入費にプラスして手続き手数料として50,000円ほどかかります。既に営業ナンバーを取得している既存事業者に限って、車の持ち込みも可能なようです。


赤帽に加入する際の注意点

続いて、赤帽に加入する際に知っておくべきことについて解説します。


・初期費用を300万円ほど用意しなくてはならない

初期費用は先述した通り、決して安い金額ではありません。


・赤帽から紹介される仕事だけに頼っていると稼げない

自分で事業を経営していく力が必要です。お仕事をもらえるのを待っているだけでは、十分な金額は稼げないでしょう。自分で新しい仕事を開拓していく経営能力も必要です。なんらかの営業の経験がないと、継続的に仕事を獲得していくことはハードルが高いでしょう。


・体力と足腰の強さは必要

体が資本となる仕事です。引越しなど重い荷物を運ぶ仕事もあるので、足腰を壊してしまうと続けるのが難しくなるでしょう。


成功するために必要なこと


赤帽に加入して成功するためには、以下の2つの活動が大事です。

  • 営業活動

  • 横とのつながりを作る


営業活動

赤帽から斡旋される仕事だけでは大きく稼ぐことはできません。自分から営業することが重要です。


横とのつながりを作る

赤帽の組合は、個人事業主が集まって組織されている組合です。そのため、各ドライバーたち個人で仕事を請け負っています。横のつながりを作るメリットは、「仕事をまわしてもらえる」こと。個人で仕事を請け負っている以上、予想以上の仕事をお願いされることもあります。さばき切れない仕事量を断り顧客との関係性を悪くするよりも、自分では請け負えないがほかのドライバーに仕事を斡旋する形をとった方が、双方にとってWIN-WINの関係になりますよね? 横のつながりを作っておくことで、仕事がどんどん生まれていく可能性があるのです。


----------------------------------------------

【求人情報】

軽貨物・宅配ドライバー募集中!

佐川急便の委託のお仕事です。

年収600万円可能なエリアあり。

東京・神奈川・埼玉。寮完備。


>> 求人情報を見る

----------------------------------------------


まとめ

赤帽への加入は、長期的に軽貨物事業者としてやっていきたい人には向いていると言えるでしょう。初期費用が高いので、中途半端な気持ちではじめると、思ったほど稼げないまま初期費用も回収できずに廃業することになりかねません。


軽貨物運送の仕事をしっかり理解して、「私はこの仕事で食べていく」という強い気持ちがあれば、赤帽ブランドを活用して自ら仕事を獲得していけることでしょう。

64回の閲覧
  • Twitter
  • YouTube

Eメール: info@logizo.co.jp

​電話:050-3136-0371

Copyright © Logizo all rights reserved.