• ロジゾー

軽貨物のスポット便とは?稼げる?探し方は?

最終更新: 10月1日



軽貨物ドライバーの仕事内容にはいろいろな種類があります。あらかじめ配達先が決まっている「ルート配送」や個人宅に届ける「宅配便」、車両を貸し切って行う「チャーター便」など。


なかでも、特に稼げるとも言われているのが「スポット便」と呼ばれる仕事です。この記事では、スポット便の基本情報から、仕事の探し方、どのくらいの稼げるのかなどを詳しく解説していきます。


軽貨物ドライバーとして働くうえで、スポット便はぜひチャレンジしてほしい仕事ですので、最後までご一読ください。


----------------------------------------------

【求人情報】

軽貨物・宅配ドライバー募集中!

佐川急便の委託のお仕事です。

年収600万円可能なエリアあり。

東京・神奈川・埼玉。寮完備。


>> 求人情報を見る

----------------------------------------------


軽貨物のスポット便とは?

軽貨物のスポット便とは継続性のない一度だけの仕事、いわゆる「単発の仕事」です。仕事内容は、配達時間や配達場所など荷主の希望が詳細に決まっているため、通常のルート配送などとは違います。


軽貨物のスポット便の例

荷主である企業が、当日に緊急で配達してほしい荷物があった場合、その荷物がスポット便として取り扱われます。たとえば、スポット便の仕事内容は以下のようなケースが挙げられます。

  • 企業に集荷に伺う → 企業・現場に荷物を届ける

  • 指定された場所に集荷に伺う → 企業・現場に届ける


案件によっては、届け先がほかの都道府県であったり、「お届け時間の指定あり」などのルールが存在することもあります。


スポット便は突発的に仕事が発生するため、ルート配送などよりも報酬が高い傾向があります。移動距離が長くなればなるほど報酬が高くなり、1日で数万円稼ぐこともできるでしょう。個人事業主として1日のスケジュールを自分で管理できる軽貨物ドライバーであれば、効率よくスポット便を獲得してきたいですよね!


軽貨物のスポット便の特徴

先述した部分も含めて、スポット便の4つの特徴を順番に見ていきましょう。

  1. 報酬が高い

  2. 単発の仕事である

  3. さまざまな大きさの荷物を運ぶ

  4. 個人事業主だからこそ獲得できる仕事


1. 報酬が高い

先述しましたが、スポット便は通常のルート配送よりも報酬が高いです。特に、走行距離が長くなる長距離輸送の場合は報酬がグンと上がります。理由としては、緊急性の荷物を配達することに加え、拘束時間も長くなるためです。


2. 単発の仕事である

報酬が高いため、数多く仕事を獲得できればたくさん稼げると思われる方もいらっしゃるでしょう。しかし、スポット便は単発の仕事です。毎日必ず仕事があるわけではありません。


また、スポット便は報酬が高いため、ほかのドライバーも仕事を獲得しようとしています。軽貨物ドライバーとして生活していくためには、スポット便だけでは収入が安定しないことを覚えておきましょう。


3. さまざまな大きさの荷物を運ぶ

宅配の場合は、荷物は小型の段ボールに入ったものが多くで、複数の荷主の荷物が乗った混載便です。


一方で、スポット便の場合は1人の荷主が車両をまるまる利用するチャーター便です。ほかの荷物との兼ね合いを考える必要がなく、軽車両に積めるサイズの荷物であれば配達することができるので、ドライバーはさまざまなサイズの荷物を運ぶことになるでしょう。


また、輸送中にほかの荷物との接触で壊れるなどの心配もないので、壊れやすい荷物や潰れやすい荷物も配達することも可能です。さまざまな大きさ、形の荷物を車両に固定する方法も知っておく必要があります。


----------------------------------------------

【求人情報】

軽貨物・宅配ドライバー募集中!

佐川急便の委託のお仕事です。

年収600万円可能なエリアあり。

東京・神奈川・埼玉。寮完備。


>> 求人情報を見る

----------------------------------------------


4. 個人事業主だからこそ獲得できる仕事

企業に所属していない個人事業主だからこそ獲得できる仕事がスポット便です。企業だと、仕事を受けるかどうかの判断には、どうしても時間がかかります。


しかし、自分で時間をコントロールできる個人事業主の軽貨物ドライバーは、意思決定が早いためスポット便を獲得しやすいのです。


緊急性を要することが多いスポット便。荷主のニーズに対して素早く動ける軽貨物ドライバーは、仕事を依頼する企業から重宝されること間違いありません。


スポット便だけでどのくらい稼げるか

では、実際にスポット便だけでどのくらい稼げるのでしょう。具体例として、YouTubeに公開されている動画を参考にしていきましょう。


YouTubeチャンネル:

亀さん軽トラの旅

この方の場合、1日でスポット便のみで合計4案件を獲得しています。経費や手数料を引いて粗利益として約44,000円となっています。

報酬を聞くと素晴らしいですよね、日給でこれだけ稼げれば文句ないでしょう。


しかし、繰り返しになりますが、スポット便は継続性はありません。一度配達してしまえば、それで終わりです。仕事も運やタイミングがあるため、上記の例のようないい案件が必ず獲得できるわけではありません。


また、先述した通り、スポット便は届ける荷物の時間指定があることを忘れてはいけません。配達先が遠ければ、その分時間もかかります。道中で何があるかわかりませんよね? 高速道路を使うのがベストな選択なのか、それとも下道で向かった方が効率が良いのか。常に「先」を考えながら動けるドライバーでなければいけません。


報酬が高い=要求も高くなると心得ておくと良いでしょう。


スポット便の探し方

軽貨物ドライバーを始めたばかりでは、ただやみくもに営業をしても仕事は獲得できません。スポット便の探し方は大きくわけて3つ。


  1. 運送会社と業務委託契約を結ぶ

  2. マッチングサービスを利用する

  3. フランチャイズ に加盟する


1. 運送会社と業務委託契約を結ぶ

1つ目は、運送会社と業務委託契約を結ぶです。ドライバーを始めたばかりの方にとっては通常の仕事(ルート配送や宅配便)も紹介してもらえるので、仕事に慣れるという点から見ても効率的でしょう。


運送会社と業務委託契約を結ぶ注意点としては、契約内容をしっかりと確認することです。具体的な仕事内容や労働時間など、自分が働くうえで譲れない条件はハッキリさせておくべきです。


スポット便は紹介してもらえるが、自分が思っていた契約内容ではなかった場合、仕事そのものを続けるのが大変になります。


2. マッチングサービスを利用する

2つ目はマッチングサービスです。近年、PickGo(ピックゴー)ハコベルなど軽貨物ドライバーのマッチングサービスが充実しています。


企業側も積極的に利用しているため、スポット便の案件も随時更新されています。マッチングサービスの場合、実績やプロフィール、評価などが優先されることが多いです。また、タイミングも非常に重要になってきます。


言ってしまえば「早い者勝ち」。企業が募集をかけた瞬間から、マッチングサービスに登録しているドライバーが一斉にエントリーを開始します。運の要素も大きいのが現状です。


どちらを利用するにしても、まずは企業との信頼関係を構築することが重要です。当たり前ですが、「約束はしっかりと守る」。信頼関係ができあがれば、企業側から直接声がかかることもあるでしょう。


リンク:【比較】アマフレ・PickGo・ハコベル 軽貨物マッチングサイト



3. フランチャイズに加盟する

3つ目は、フランチャイズに加盟してスポット便の仕事を紹介してもらう方法です。赤帽は加盟後しばらくはスポット便の仕事の斡旋がうけられます。また、軽貨物ドライバーの横のつながりが作りやすく、同業者同士で仕事を回し合えます。



スポット便の効果的な取り入れ方

最期にスポット便の効果的な取り入れ方について解説します。スポット便は突発的な案件のため、スポット便のみで生計を立てるのは正直難しいです。


そのため、ルート配送など通常の仕事を行いながらタイミングがあったところでスポット便の仕事を行うのが効果的でしょう。


通常の仕事を問題なく行っていれば、必然的にあなたの評価は上がるはずです。そうすれば、スポット便の仕事も比較的獲得しやすくなるでしょう。


市場評価を上げつつ、スポット便を獲得して収入を上げる。ぜひチャレンジしてみてください。


----------------------------------------------

【求人情報】

軽貨物・宅配ドライバー募集中!

佐川急便の委託のお仕事です。

年収600万円可能なエリアあり。

東京・神奈川・埼玉。寮完備。


>> 求人情報を見る

----------------------------------------------

164回の閲覧
  • Twitter
  • YouTube

Eメール: info@logizo.co.jp

​電話:050-3136-0371

Copyright © Logizo all rights reserved.